プロフィールシート

出会系アプリへ登録したらまず最初に行うのが「プロフィール作り」です。
アプリによってその項目の数も種類も様々ですが、ここをどうやって書いておくかで出会える確率は大きく左右されてしまいます。
また、「プロフィールの写真」も重要な要素です。
「プロフの写真」は言わば、「自分というカタログの表紙」です。
自分を知ってもらうためにもまずは写真で足を止めてもらって、興味を持ってもらう必要があります。
写真を見て、女性に「ないわ・・・」と思われたら、どんなに丁寧に埋めたプロフィール項目も見てはくれないでしょう。
プロフィールに何を書けばいいのかわからない人も、とりあえず書いておいたけどなかなか出会えていない人も、これを機に最高の写真とプロフィールの書き方を身につけましょう。

出会い系で相手に好印象を与える魅力的なプロフィールの作り方

スマホを触る男性
まずは自由記入欄の前にある、アプリごとのプロフィール項目についてです。
今回はサンプルとして項目数が多いことで有名なYYC(ワイワイシー)を参考に見てみましょう。

  • 性別
  • 居住地
  • 出身地
  • 年齢
  • 血液型
  • 出身地
  • 星座
  • 体系
  • 身長
  • 体重
  • 上方
  • バスト
  • メガネ
  • タイプ
  • 性格
  • 職業
  • 休日
  • 学歴
  • 年収
  • 同居人
  • 兄弟姉妹
  • タバコ
  • お酒
  • ペット
  • 目的
  • 趣味
  • 興味ある事
  • 結婚歴
  • 結婚観
  • 子供の有無
  • 子供が欲しい

以上32項目です。
婚活系アプリだと珍しくない数ですが、通常の出会系アプリでは圧倒的に多くなっています。
さて、こういったプロフィールを設定する際に重要なのが「正直に書く」ことです。
正直に書くことによって不利になる項目もありますが(タバコを吸う、子供がいるなど)、ここにウソを書いて後でバレた方が後々ひどい目に遭います。
次に大事なのは必ず全ての項目を埋めることです。
面倒に感じるかもしれませんが、プロフィールは自分の情報を伝えられる数少ない場所でもあります。
誰でもよくわからない人には会おうと思ってくれないので、プロフィールはフル活用して自分を積極的にアピールすることが出会いへとつながります。

出会い系プロフィールの書き方

profile
プロフィール欄は自分をアピールする数少ない場所です。
その中で最も重要なのが「自己紹介欄」などの「自由に文章を書ける場所」です。
既に出会系アプリを使っている人は良くわかるかもしれませんが、プロフィールを訪れてくれた人はまず最初にこの部分を読みます。
なぜなら、文章の内容だけでなく、書き方、言葉遣いなどで人となりが伝わりやすいからです。
気にせずに書いている人は実は知らないうちにマイナスイメージを広めているかもしれません。
今回は細かい内容になりますが、出会いを手にするために頑張りましょう。

テンプレートを使うか否か

こういった自由に書けるスペースでも、なかなか内容が思いつかない人のためにテンプレートが用意されていることは多いです。
テンプレートは箇条書きで、何も書かないよりはずっといいのですが、YYCのようにプロフィール項目が多いアプリだと内容がかぶったりして、あまり自分を正確に伝えることができません。
基本は自分で考えたオリジナルの文章を書いたほうが良いでしょう。
ただし、YYCとは違って項目が少ないアプリも存在します。
そういった場合は自己紹介欄ではテンプレートの箇条書きで記入すると、長い文章より読みやすくなるでしょう。

他の項目で書けないことを書く

プロフィールには他にも自分の情報を伝えるための項目があるので、そこに被らない内容を書かないとせっかくのスペースを無駄遣いしてしまいます。

自分の人間性を伝える

どんな文章を書いても、言葉の使い方、語尾などで人間性は自然と伝わってしまいます。口調はですますが基本ですが、それだけだと堅苦しいので顔文字や(笑)などを使ってフランクな空気を演出するのがおすすめです。

相手の好みを書く

プロフィールには別に求める相手のタイプを書く欄もありますが、ここで一言でも「こういった人が好きです」と書いておくことで相手は「自分と相性が合う人」だと感じてくれます。
なのであまり細かくは指定せずに優しい人などの幅広い表現がいいですね。

目的を明らかする

目的とは出会系アプリを使っている理由という意味です。
恋人を探している、友達作りなどから不倫、援交、など目的は人それぞれです。
特にマイナスイメージのある目的ではないとはっきりと書いておくと間違われる心配もありませんし、同じ目的の人と出会いやすくもなります。

ネガティブな事は書かない

これは出会い系のプロフィールに関わらず履歴書などにも言われる一般的なことですが、ネガティブなことは書かないようにしましょう。
ネガティブと一口に言っても内容は様々ですが、真っ先に気を付ける必要があるのは、文章が卑屈にならないことです。
自分に自信を持っている人ばかりではないと思いますが、自分のことを悪く言う人を他の人は快く思ってはくれません。
欠点や不利に思われるポイントでもうまく言い換えれば利点にもなるので、言葉を選んでまとめましょう。

自分自身のプロフィール写真はよく考えて載せる様にしよう

自撮りする男性
大前提として容姿は偽ってはいけません。
出会系アプリでは大抵自分の写真を載せることが多いのですが、やはり小さな画像ではよくわからないことも多々あります。
身長や体重、誰に似ているかなどを書く欄がプロフィールにはあるので、誰もがそのプロフィール写真だけで判断しているわけではありません。
ここで少しでも自分を良く見せようとウソを書くと実際に会った際のギャップが大きくなり、もう2度と会うことがなくなるかもしれません。
偽って書いても良いことはないので、正直に伝えて出会える人を探しましょう。
出会系アプリに自分の顔写真を載せるのは、やはり抵抗があると思います。とは言っても、相手に信用してもらうためには顔写真を載せるのは必須です。自分が相手を探す時の立場を考えても、まずは顔写真からチェックしているはずです。
写真を載せるのと載せないのとではメールの返信に大きな差が出てきます。
大手の有名な出会系アプリならば写真を悪用される心配はありません。
もしも不審な部分があるアプリだと感じたら写真の掲載はやめておいた方が良いでしょう。
また、優良アプリならば顔の一部を隠したり加工できるようにもなっているので、そういった機能を使ってでも顔写真を載せた方がよいでしょう。出会いの確率は間違いなく高くなります。

出会いのプロから見た「出会えない写真」とは?

今回は海外の出会系アプリ会社の女社長ホイットニー・ウルフさんがYouTubeにアップした「Men
should stop putting these 4 things in their profiles
(男性がプロフィールに設定するべきでない4つの写真)」について解説しようと思います。
日本ではなかなか見つけづらい内容でありがたいのですが、内容が英語なのでちょっとわかりづらいですね。
もちろん日本語で解説するので安心してください!

①鏡での自撮りはNG!

鏡の自撮り
出会系アプリを使っていると自撮りの画像をプロフィールに設定する女性が多いので、ついつい男性も同じように使いがちですが、女性受けはよくないようで気持ち悪く思われてしまうことが多いようです。
女子は良くて男性はダメなんてなんとも理不尽ですが、好印象を与えるためには無駄なリスクを冒さずに自撮り系の写真は避けるようにしましょう。

②グループ写真はNG!

グループ
グループの写真だと女性から見てどれが出会いを求めている人なのかがすぐにわからないだけでなく、一緒に映っている別の人に意識がいってしまう可能性があります。
女性は1人の男性のプロフィールをじっくりは見てくれないので、一瞬見ただけで誰だかわかるわかりやすい写真が求められます。
動画によると、メインのプロフィールには自分1人の画像を設定してあれば、サブ画像としてグループ写真を載せるのが良いとしています。
(ただし、日本ではネットリテラシーの観点から自分以外の顔がわからないようにすることをお勧めします)
ちなみに、女性はグループの写真を設定している人がそこそこいます。
本人以外をスタンプや加工で塗りつぶしてくれていればいいのですが、たまに加工なしで公開している女の子がいます。
男性からもどれが本人かわかりにくいのですが、管理人の経験上かわいい女の子が本人である場合が多いです(笑)。
参考にした動画は海外の出会系アプリを前提とした話なので、出会系アプリでも気にせず友達の顔を載せたりしますが日本ではなかなか見ない光景ですね。

③異性と映っている写真はNG!

異性との写真
これはなんとなくわかるかと思いますが、家族だろうと親友だろうと出会いを求める人のプロフィール写真に異性が移っていたら見た人は不誠実な人かもしれないと疑問を持ちます。
これに関しては女性も同じで、出会系アプリで稀に男性と映っている写真を見ると「何考えてるんだ?」って思います。
動画を見る限り、Facebookと連動させる出会系アプリだとメインのプロフィール画像がFacebookと同じものに設定されるので起こりやすいようです。
みなさんも始める段階でメイン画像は見直すようにしましょう!

④自分と関係ないもの

桜
女社長によると動物や物をプロフィール画像に設定している人も当然、出会える確率が低くなっているとのこと。
誰でも気になるのは利用者の顔なのです。
ペットや自分を象徴するものなどをどうしても載せたい場合は、自分の顔をちゃんとメインに設定したうえで1、2枚だけに絞って設定するようにしましょう。

男でこれはNG!たまに見かける載せないほうがいい写メ

NGサイン
上で挙げたNG写真の他にも、意外?な写真を載せている男性もいますので注意してください!
相手の気を引こうとして試行錯誤したものが、実は逆効果なんてこともあります。
では、どういった写メがNGなのでしょうか。

過度な加工がされている写メ

昨今の写真は多少の加工であれば、見慣れたものです。
特に女性の写真などは、加工していないものの方が見かけないぐらいではないでしょうか。
しかし、過度に加工してあるものは見抜かれてしまう場合があります。
明度、彩度などはともかく、例えば顔の形、目の形などあまりに弄りすぎれば不自然ですし、「ナルシスト」や「気持ち悪い」といった印象を抱かれかねません。
もちろん「写真と実物は違う」ということくらいは相手も理解していると思いますが、それでも加工するのであれば、出会った時のことを考えても「嘘つき」と言われない範囲で留めておきましょう。

なぜか裸の写メ

稀になぜか「裸の写メ」をプロフにしている人を見かけます。
ですが、「赤の他人の裸」なんて誰も見たくはありません。
好印象どころか「気持ち悪い」です。
常識的に考えればわざわざ裸をプロフにすることはありませんが、気を付けましょう。

女性にモテる!3つの写メの撮り方

笑顔の男女
さて、ここからいよいよ写真の撮り方について説明していきます。
まずは女性にモテる3つの写メの撮り方です。

1.旅行やイベントの時の楽しそうな写メ

旅行や何かのイベントで楽しそうにしている写真は女性に「この人と一緒に出かけると楽しそう」といったイメージをもってもらいやすいです。
また、「自分と趣味が合うか」の判断にもなりますし、それが大勢での写真であれば「交友関係」のアピールにもなります。
「出会った後のことをイメージさせる」「自分と合いそうか」「どういった雰囲気の交友関係をもっているか」など、旅行やイベントの写真は出会うに当たって様々な面で相手へのアピールになります。

2.友人がとってくれた自然な1人の雰囲気の写メ

「自分以外」かつ「自然な」というのが大切なポイントです。
いざプロフとなると自撮りが多いかもしれません。
ですが、「自分でかっこよく撮った自撮り」はともすれば「ナルシスト」とも女性からとられかねません
友人に頼むのが難しければ、タイマーなどをつかった写真など「自撮り感」の出ない写真を用意しましょう。

3.明るくて優しい雰囲気が伝わる自撮り写メ

「第一印象は見た目で決まる」なんて言葉はよく聞きますよね。
その「見た目」というのは「顔の造形」というより「清潔感」や「雰囲気」が重視されます。
となると基本となるのは「明るく優しい雰囲気」であり、「笑顔」です。
ネットでの出会いである以上、女性も当たり前ですが警戒します。
そこで「無表情」や「暗い表情」の写真をプロフにもってくると、それだけで敬遠されかねません。
目じりを下げて、口角を上げて歯をみせた「本気の笑顔」で写真を撮ってみましょう。

魅力を最大限に引き出して撮る4つの方法

手をつないでいるカップル
NGな写真の撮り方を把握したところで、最初のモテる撮り方に加えて、更に幾つか「自分を魅力的にみせる撮り方」を幾つか紹介していこうと思います。
メインのプロフに加えて、出会い系ではサブのプロフを幾つか設定できることも多いため、複数の写真を使って自分をアピールしてみましょう。

1.とにかく自然な笑顔で写る

「笑顔」については前述しましたが、笑顔とはいってもあまりに不自然なものは不気味に見えます。
あまり笑顔の練習など普段はしないかもしれませんが、鏡をつかって自然な笑顔を練習してみましょう。
ポイントとしては

  • 目尻が下がっている(目も笑っている)
  • 口角が上がっている
  • 口角が上がって歯が見えている

などを意識してみましょう。
特に笑顔が苦手な人は口角ばかりに意識がいって、一見笑っているのに目が笑っていないという「怖い笑顔」になりがちです。
   
自然で目が笑った優しい笑顔を意識して写真を撮ってみましょう。

2.明るい場所で撮る

明るい場所で撮影しましょう。
暗い場所で撮れば暗い雰囲気に、明るい場所で撮れば明るい雰囲気になります。
せっかくの笑顔も暗い場所で撮れば暗くみえてしまい、好印象とは言えません。
写真を撮る際には背景の色(白や明るい色)や明暗にも気を遣って、明るく清潔感のある写真を撮影しましょう。

3.ペットなどの動物と一緒に写る

身近な犬や猫など動物と一緒に写ってみましょう。
言うまでもなく動物好きの人は多く、特に犬や猫は一緒に写っているだけで好印象に繋がります。
また、「動物好きに悪い人はいない」なんて言葉もあるように、動物と一緒に写るだけで優しく良い人に見えるから不思議なものです。
全くもって動物が嫌いであれば、後々の会話などにも影響してくるのでおすすめできませんが、そうでなければ動物と撮ることでイメージがよくなります。

4.万人ウケしそうな格好で撮る

誰から見てもある程度印象の良い格好を心がけましょう。
具体的にはYシャツなどの清潔感のある服にしっかりとセットした髪型などです。
まず、「恋愛対象か否か」の判断が「清潔感」で大きく左右されるのは言うまでもありません。
もし、出会う確率を上げたいのであれば、尖った個性的な服装やよれよれの服などは避けて、シンプルでしわがなく清潔感のある服をチョイスして撮影に挑みましょう。

プロフィールには伝えたい事を

以上、細かい内容でお話ししましたが、プロフィールは伝えたいことを書くためにあります。
しかし、伝えたいことと相手が知りたいことが一緒とは限らないのでそこの差を埋めていくという考え方が大事になります。
また、うまい文章のほうが良いのはもちろんですが、伝えようとして書くことが何よりも大事です。
自分の魅力を伝えられるように、他の会員のプロフィールをチェックするなどして日々研究していきましょう。