食事をしながらワインで乾杯している男女

マッチングアプリで彼女を探すにしろ、ワンナイトラブを狙うにしろ、まずは「デートの約束」を取らなければ始まりません。

ただ、

「どんな感じでデートに誘うのがいいのかわからない」
「デートに誘っても、断られるパターンが多い」

デートの誘い方がいつもワンパターンになってしまい、女性をデートに誘っても全然OKしてくれないなんてことはありませんか?

あなたがどうしてもデートに誘いたい女性がいたら、その女性に合わせたデートの誘い方をするべきです。
そうすればデートに誘える確率が高くなること間違いなしです。

臨機応変な誘い方ができれば色んな女性に上手くアプローチできるので、今後のためにも押さえておいた方がいいと思います。

ここではデートへ誘うための戦略を紹介していきます。

急がば回れこそが爆速で女性をデートに誘うための戦略。

あみだくじを歩む男性達

誘う準備も出来ていないまま、一撃で決めるということはあんまり考えないほうが得策かと思います。特にこれまで出会い系やLINEでのメッセージのやり取りでうまく行っていないのであればなおさらのことです。一撃でイチかバチかを狙うよりも、数回のメッセージで確実を狙ったほうが良いでしょう。そこで、僕が提案するやり方は3部に分かれています。

1.信頼関係の構築

2.誘いの雰囲気づくり

3.デートの提案

といった、流れで3番目の「デートへの提案」に持ち込むことができればなかなか断れないです。ただ、どれだけ信頼関係が構築されているか?相手が本当にそれをメリットと思っているか?どんな誘い方をしたか?でも結果は大きく変わってきますらすべて抜け目なくやっていくことが重要になります。

1.信頼関係の構築

まずはデートに誘う前に、気軽に話せる信頼関係を築くことが重要です。

ほとんどお互いの事を知らない状態で、急にデートを申し込まれても女性の立場からすると困りますよね。

そこで、日常の他愛もない話を出来る仲になっていると誘いやすくおすすめです。

自己紹介

ここではまず自己紹介から始まります。すでに会ったことがある相手だったり、出会い系アプリで連絡を取り合っている相手だったりすれば、「今更?」ということにもなりますが、軽く初めに「ペアーズの○○です。LINEもヨロシクです(^^)」という感じで軽く挨拶をしておけばいいです。

信頼関係を構築するからといっていきなり世間話のメールをするというのもおかしい話し。人によっては「この人誰だろう?」と思われてしまいますからね。よほどあなたのことを意識していない限りあはわざわざ覚えていないということを頭の中に入れておきましょう。

共通の趣味

お互いの趣味は何なのか?それはおそらくですが、パーティーや出会い系アプリの中でもある程度は把握しているはず。そこでは世間話などは軽くしているはずです。相手のことを知らないとLINE交換まではなかなかたどり着けないですからね。

そこで、さらに深く共通の趣味の話をしてみるのです。LINE交換の前は、趣味はどんなものなのかな?住んでいる家はどのへんなのかな?お仕事は何をしているのかな?など軽く探る程度でもなんとかなります。

しかし、そこからデートに持ち込むならばもう少し深く話を広げていく必要があります。たとえば、パーティーではグルメ通だったことが発覚。自分もグルメ通なので、「先日、○○のコスパが高いお店に行ってきたよ。」と写真付きでメッセージを送って盛り上げていく。

そんな感じでまずはお互いの趣味や情報を共有して仲間意識を高めていくところからスタートです。

プライベート

特に女性の場合は好きな人のことは気になるものです。そして、何時も何をしているのか?というのは興味があります。なので、趣味の話だけではなく、自分のプライベートの話などもしていきましょう。仕事の話、ほかの趣味の話、家族の話、親戚の話、友達の話などなど。

2.誘いの雰囲気づくり

信頼関係は構築出来ているか?

信頼関係の構築の段階でいろいろな話をしながらお互いの距離を縮めていきます。それまでにかかる時間を2~4日程度を目安として見てください。ちなみに、これは長ければ長いほど良いのか?

というと、そういうわけでもありません。ただ無駄にグダグダ話しが長くなっているようでは、もしかしたら相手の流れにのまれているかもしれません。それだけは少し気を付けてみてくださいね。

適当なところでメリットの提示

デートに誘うならばやはり共通の趣味から誘うのが手っ取り早く行けると思います。お互いラーメンが好きならラーメンデートに誘うことを考えましょう。そういった意味では食事デートいいかもしれませんね。そこで、まずは、食事デートに誘うならば、その話題を振って誘うための雰囲気を作ります。

3.デートの提案

では、デートに誘うための雰囲気が出来上がったら次に、提案をしていきます。ただ、ここで「じゃあ、来週新宿の○○というラーメン屋さんに行こうよ。」という感じだと気が早いです。確かに、ラーメンの話をしてその流れで誘うのは有効ですがまだ駄目です。そこで、誘うためのポイントをいくつかまとめてみましたので参考にしてください。

メリットを与える

行くメリットがなければあんまり行こうとは思いません。たとえば、「そうだ。新宿の○○というラーメン屋さんの無料チケットあるんだけどさ。よかったら一緒にどう?」という感じで、そこに行くメリットや理由を提案。

もっといえば、「いかない?」というところをあえて「どう?」とすることで「いかない?」という意味なのかどうなのか?少し不明確にすることで断り辛くさせるとういやり方です。

ダブルバインドを使う

こういったところでダブルバインドの登場です。ダブルバインドは相手にゴールとなる目的の選択肢を二つ与えることにより断りにくくする心理学のテクニックです。その為、今回の場合は、目的となるデート先を二つ用意しておく必ようがあります。「ラーメン」それとも「お蕎麦」そんな感じです。とりあえずダブルバインドの記事を参考にしてみてださい。

女性からの印象が良いデートの誘い方

それでは女性にOKをもらえるデートの誘い方とは、一体どのようなものなのでしょうか。

大事なデートの誘いだからこそ、できるだけ失敗したくないですよね。

そんな方のために、いくつかご紹介致します。

看護師がジェシチャーでマルの仕草をしている様子

1、まずはストレートに!「デートへ行こう」

女性は基本的に煮え切らない男性はあまり好きではありません。

LINEなどでだらだらやり取りしていると、既読がつかなくなったり、返信が来なくなったりしてしまいますので、あまり長引かぜずに「デートへ行こう」などと真正面から誘ってみましょう。

2、安心感を与える「ランチに行かない?」

デートでディナーの誘いは女性からは下心があると感じる場合があるらしく、たとえこちらその気がなくても夜の誘いに対して警戒心を与えてしまいます。

しかし、昼間のデートの誘いは安心して応じられるようです。

3、男性だけだと行きづらいお店に「行きたいから一緒にいこう」

デートに誘った女性がそのお店に興味がある場合、この文句は成功しやすいです。

男性同士では入りにくいお店であり、気になる女性がいるならこの誘い方はおすすめです。

4、口実ということがバレバレだけど「家族のプレゼント選びに付き合ってほしい」

口実ということがバレバレですが、だからこそ自分が抱いている相手の女性への好意も間接的に伝えることもできますし、家族思いで優しい印象を持たせることができるのでおすすめです。

さらにお礼といって彼女にプレゼントを買ってあげると好感度が急上昇!
より気が利くと自分をアピールできます。

5、いつものグループを離れて「たまには二人で出掛けよう」

もともと仲がいい相手なら女性も警戒しないで応じられるみたいです。
そのデートで好感度を上げておけば次のデートにつながるかもしれません。

6、納得しやすい理由「おみやげを渡したい」

おみやげを渡したいという軽い理由のデートの誘い方です。
女性もそれだけならということで受け入れられやすいです。

もし雰囲気が良かったら「もし時間が空いていたら……」と食事に誘ってみましょう。
おみやげを渡す以外で理由つけてしまうと女性が警戒してしまう可能性がありますので注意してください。

女性に悪い印象を与えるダメな誘い方

看護師がジェスチャーでバツの仕草をしている様子

1、軽過ぎる「どっか行かない?」

場所も決まっていないのにいきなり誘ってもあまりうまくいきません。
デキる人はデートプランは決めてあり、行く場所なども固めています。

なので、テキトーな感じで「どっか行かない?」などの誘い方は軽い男だとみられてしまいます。

2、私じゃなくていいよね「友達がこれないから代わりに…」

友達がこれないからといって誘うのは一件利用しやすい手ですが、女性側の印象はあまりよくありません。
実際に誘われたら「別に私じゃなくていいよね」ってなりますよね。
なので嘘で使うのはNGです。

キャンセルになったことが本当のことでも、なるべく伏せておくのが得策でしょう。

3、相手のことを考えていない「〇〇時に〇〇で」

デートの誘い方は多少強引な方が喜ばれるかもしれませんが、強引すぎるのはもちろんよろしくありません。

「明日○○で待ってるから」なんて誘い方をすれば来てくれるかもしれませんが、いきなり「〇〇へ来て」なんて言い方されたら意味もわかりませんし、普通来ません。
相手の予定も考えて誘いましょう。

まとめ

当然ですが、女性は男性とデートするにあたって身構える傾向にあるようです。マッチングアプリでの出会いなどで余計にそう感じるのでしょう。

その警戒心を感じさせないためにもデートの誘い方を工夫する必要がありそうですね。

完全に警戒心をなくすということはできませんが、上記を参考に安心させるようなデートの誘い方ができれば、これから先にいろいろなデートが経験できるかもしれません。

警戒心は持ちつつも出会いを求めているのは女性も同じですから、あなたがデートの誘いを自然に受けてもらえるような会話を続ければ高確率で成功しますよ!