居酒屋

今回は居酒屋ナンパの攻略法についてです。
「ストリートナンパにチャレンジしてみたけどなかなかうまくいかない。。」
と悩んでいるならば、フィールドを変えてみるというのは一つの手かもしれません。
自分に合ったナンパスタイルだとかスポットというモノものが見つかるかもしれません。
そこで、居酒屋ナンパにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
もちろん居酒屋ナンパだからといって楽に攻略できるというわけではありませんが、寒い季節には特におすすめです。

やっぱり、寒い季節に路上で声掛けを続けると体力的にもメンタル的にもつらく、心が折れやすくなります。
しかし、居酒屋であればほろ酔い気分で「そこにいる女性と会話できれば」という軽い気持ちでできてしまいます。
普段からストリートナンパで、知らない女性に軽く話しかけられる人あれば居酒屋でナンパすることもわけないでしょうが、そうでない人の方が多いと思います。
そこで、ここでは居酒屋ナンパを成功させるための簡単なテクニックについてお話ししたいと思います。

居酒屋ナンパは店員とお客さんでは攻略法が異なる

1.店員をナンパするには?

居酒屋店員から「お客さん」→「常連客」→「友人」→「恋愛対象」というように、お客さんから「恋愛対象」のところまでもって行く必要があります。
昨日、今日、初めて来たようなお客ではどうしても「お客さん」のポジションでしかありませんから、ここから長期戦でステップアップさせる必要があります。
ある程度の回数通い詰めて店員との信頼関係を構築し、距離感を縮めていくということが何よりも重要です。
ですから、焦らずにゆっくりと駒を進めていくというのが店員攻略における心構えです。

2.客をナンパするには?

お客さんをナンパする場合、店員攻略と比べて短期決戦で済みます。
ストリートナンパと同じように、気になった女性がいたらとりあえず声をかけてみます。
例えば、「すいません。箸落としてしまったので、1本もらってもいいですか?あっちになかったもんで(笑)」
ここで、本当に箸を落としたかどうかは別にどーでもいいのです。
自分のテーブルに箸があってもなくてもそれもどーでもいい。
要するに、その女性と会話をするための口述にしかすぎません。
そのまま隣に座りこんでトークを続けていけばよいのです。
ストリートと同じで無視されることもありますが、声をかけやすそうな女性を狙っていきましょう。
ここができれば少ない回数でナンパは成功できます。

居酒屋店員をゲットするうえで重要なお店選び

居酒屋店員
それではまずは、居酒屋店員の攻略法からお話ししたいと思います。
先ほどもお伝えしたように、基本的に店員へのナンパは長期戦です。
長い時間をかけてじっくりと店員との距離を縮めていくということがポイントになります。

1.忙しい時間帯は避ける

まず、週末金、土、日はやめておいたほうが良いです。
土曜に至っては基本的にどんな時間帯でも混雑します。
ですので、基本的には月~木をおすすめします。
その中でも、17時、22時~をおすすめします。
この時間帯はお客さんが少ないので、混雑を避けることができます。
この時間帯をおすすめすると「短くないですか?」といわれることがあるのですが、別にお酒を楽しく飲むことがメインではありません。
居酒屋店員との心の距離を縮めることが目的になりますから、短い時間でも問題ないのです。
それよりも、店員さんと会う回数を多くしましょう。
1時間程度の飲みならば毎日通ったところでそんなにお金もかかりませんので、逆に短時間のほうが都合が良かったりします。

2.コンタクトを取りやすい店

店によっては完全に個室に案内されて、注文するたびに口頭もしくはボタンで店員を呼ぶシステムの居酒屋があります。
たとえばipadなど、タッチパネルで注文するシステムです。
こういうお店ですとメニューを運んでくるときだけしか店員とコンタクトをとれません。
しかも、誰が来るかわかりません。
さっきまでは綺麗な女性が来ていたと思ったら、今度は店長のおっさんが担当になるとかよくある話です。
店員と仲良くなりやすいのはカウンター席です。
全然忙しくない時間帯であれば常に会話ができます。
それに、店員さんもわざわざ移動しなくて済みますから、向こうからしても非常に楽なのです。
店員さんと仲良くなりたいなら迷わずカウンター席に座ることをおすすめします。

居酒屋店員を攻略する3ステップ法

お酒を運ぶ居酒屋店員

1.覚えてもらう

まずは覚えてもらうところからスタートします。
そうしないと、何時までたっても「お客さん」というポジションから抜け出すことはできないでしょう。
では、覚えてもらうにはどうすればいいのか?
それは…
毎日同じ時間帯に行くことです。
たとえば、毎日17時に来て18時には帰るというスタイルでもオーケーです。
初めのうちは店員さんとのトークも弾みにくいかも知れませんが、それでもカウンター席に座って飲みながら世間話を切り出してみましょう。
女性店員さんとトークするのがし辛いというのであれば、はじめのうちは男性店員さんに覚えてもらえばよいです。
この段階ではとにかく毎日来る「常連さん」というポジションになることが出来ればそれでオーケーです。

2.トークで仲良くなる

トークで仲良しになるというと非常にトーク力が問われるように思われるかもしれません。
しかし、難しく考える必要はありません。
「おすすめのメニュー」「おすすめのお酒」まずはこの辺から切り出していけばよいでしょう。
例えば、「おすすめメニュー」の話をすれば、その流れで「好きな食べ物」のネタにもっていくことができますし、別の日では「今日、髪の毛いい感じですね。どのシャンプー使ってるの?」と、居酒屋とは全く異なる話しでも大丈夫です。
逆に居酒屋ネタから抜け出すことができないと「常連客」のままで終わってしまいます。
常連客からランクアップするには、居酒屋ネタから抜け出すのが必須になります。
このように、まずは会話に慣れることから始めて、ファッションや髪形などについて褒めてみるのです。
そうすれば「昨日野球観戦行ってきたんだけどさあ。」と自分の趣味の話をどんどん広げていくことが出来、親密度はどんどん高まって「友人」という関係までステップアップすることができます。

3.恋愛対象になるには?

二人だけの時間を作ることが大事です。
「この人と一緒にいると楽しい」「この人面白い」など相手があなたに興味を持つということが重要になります。
気兼ねなくしゃべれる関係では友だちどまりです。
お互いが楽しめるようなネタで会話を盛り上げていくということが大切です。
しかし、ずっとそれを続けているだけでは友だち止まりですから、適当なところでデートに誘ってみましょう。
水族館の話で盛り上がったのであれば、水族館に誘ってみてはどうでしょうか。
しかし、誘い方にポイントがあります。
それは彼女にとっての「メリット」がないとなかなか誘いに乗ってくれないでしょう。
例えば、
「無料のチケットがあるからどう?」
こういう誘い方なら「まあ、水族館だし、無料ならいいかな」と、デートをOKしてくれる可能性が高くなります。
実際にチケットがなくても二枚分購入しておけばオーケー。
やり方としてはこんな感じ。
あなた:「休みって何曜日なの?」
女性:「今月は金、日。シフト制だから。」
あなた:「そうなんだ。そういえば、この間水族館行きたいって言ってたじゃん。」
女性:「うん。」
あなた:「実はチケット当たったんだけどよかったらどう?」
と、こんな感じで誘い出します。
ここで、ダブルバインド、ドアインザフェイス、フットインザドアを使うのもアリです。
このようにデートに誘って、二人の関係性を構築する。
地道で時間はかかりますが、居酒屋店員をゲットしたいなら牛歩戦術でいくことをおすすめします。
それでも、やっぱりリアルに女性とコミュニケーションすることが苦手だ…
というのであれば、まずはネットから女性を探してみてはいかがでしょうか?
確実に出会えるおすすめの出会系アプリを下にまとめておきました。