女子大生にナンパする男性

男性の年齢においての好みというのもいろいろとあるかと思います。若い女の子がイイ!という人もいれば落ち着いた大人の女性がイイ!という人もいます。または、自分と年齢が近い女性が好き!という人も。
また、こういうものは年齢によっても変わってくるものです。昔は30代なんてあり得ないなんて思っていてもいざ自分が30代になると悪くないと思えたりするものです。逆にあまり若すぎるとちょっと興味がなくなる人もいるでしょう。

そうはいっても、ロリ系女子とか若い女性というのはいつの時代も需要があります。ただ、やっぱり若い女の子をゲットするのってかなりハードルが高いようにも思えてしまいます。実際はどうなんでしょうかね?
もし、おっさんが女子大生を簡単にゲットすることができるとすればどうでしょうか?その方法を実践したいと思いませんか?もちろんおっさんに限らず若い男性でも実践することができる方法です。
実際のところをお話ししますとすべての女子大生がちょろいとはいいませんが、若い女性だからといって攻略が難しいわけではありません。今回は女子大生をどうやって攻略すればよいかいろいろと書いてみました。

女子大学生をナンパするなら覚悟を決めろ!

女子大生
女子大生をゲットしたい!と思っているあなたへ。しかし、30を過ぎたおっさんが20代前半の若い女子大学生をナンパしたところで相手にしてもらうことができるのでしょうか?しかし、そんなことはどーでもいいんです。
えっどーでもいいって?うまくいくかもどうかわからないのにナンパなんてするんですか?こんな風に思う人もいるでしょう。素人のナンパなんて成功率1%も行けば十分です。プロでようやく5%とかです。
さらに精度を上げてターゲットを絞ったナンパ師でも20%とか行けばよいほうです。僕らのようにテクニックもないようなど素人は成功するかどうかなんて考える必要はありません。それよりもとりあえず数をこなしていくことで成功率を狙いましょう。
ナンパの良いところは無料で実践することができる上に、好みの女性だけターゲットを絞って狙い撃ちをすることも可能であるという点です。興味のないデブやブスとはかかわる必要もないのです。
しかし、無視されたらどうしよう?と思うでしょう。別にいいんです。ほとんど無視されるから。人によっては罵声を浴びせられることも多々ありますよ。だからナンパはそれぐらいの覚悟をもって挑めということです。
初めのうちは難しく感じるかもしれませんが、とりあえず道を聞く気持ちで気軽に声をかけることから始めれば慣れてきます。頭のおかしい奴だと思われるかもしれませんが、そこでかかわらなかったらその子とは全く関係を持たないので別にどーでもいいんです。
それぐらいの厚かましい根性で挑まないとナンパは無理です。なので、かわいい女子大学生をナンパしようという前にナンパの心得とかそういうものを念頭に置いておいてください。

女子大学生と会話するなら学園祭から挑む

学園祭
僕も24、25、26ぐらいのころはよく大学生に成りすまして都内の学園祭に潜入したもんです。9月末~11月頭が多いと思いますが、場所によっては12月に行われるところもあります。学園祭の季節になったらネットで調べて参加するとよいです。
理系、文系ともに参加していましたが、例えばスポーツ系の大学に行くと大学生が体力測定をしてくれます。僕の場合は人よりも握力も背筋力も強いのでそこでずば抜けた数値を出したことでインパクトを持ってもらいました。
別にスポーツ系ではなくてもいいんです。理系の大学に行けば化学実験の体験を受けることができますのでそこでいろいろと質問をしたりして仲良くなるという方法もあります。後は出店や後夜祭に参加してナンパをするのもいいでしょう。
しかし、このやり方はちょっとハードルが高いのは、授業をしてくれる学年というのは結構高学年が多いです。高学年になると頭もよいので結構受け流されることも多いです。しかし、そこはナンパマインドで片っ端から声かけしていけば何とかならないものでもありません。
ただ、効率が悪いのでもっとマシなやり方をしたほうがよいでしょう。たとえば、飲み会、イベント、合コンに誘うという手段です。直接の1対1よりかはこういったクッションを噛ませることで成功率も上がるのです。
仮に、あなたに全く興味がなかったとしてもそのイベント自体に興味をもっている学生であったり、ほかの男性にも会えると思って参加する学生もいるわけです。なので、そういったイベント主催の関係で連絡先を交換するのは楽です。

大学1年生は攻略が簡単なのか?

大学の講義室
大学一年生が攻略が簡単だといわれる理由は、4月になって東京へ上京してきたばかりでお金もないし、友達もいない、知識もそんなにない。だから悪い大人に騙されやすい傾向にあるということです。
普通のバイトよりも儲かるから体を売る仕事を誘われてまんまとハマってしまうとかね。実際はそんなに簡単にはいきませんけれども仕掛けやすいというのはこういった理由で本当の話です。
ただ、これは4月がねらい目です。声をかける人も多いので夏ぐらいになると徐々にすれて来るようにも感じます。そのため、ナンパ師たちもこの時期を狙って必死に声かけを行っていきます。
そして、もうひとつ問題なのはどうやって1年生なのか見分けるか?です。これについてはどーでもいいというのが僕の答えです。とりあえず、4月ぐらいになったら若そうな顔をした女子に声をかけまくっていけば引っかかるからです。
そこで、別に女子大学1年生でなくともマイナスにはなりません。仮に、4年生に声をかけて失敗したところでそれもナンパの経験を積むという意味では逆にプラスになりますから考えずに挑んだほうが良いです。

ハロウィンパーティーには女子大生が参加している。

ハロウィンパーティーに参加する女子大生
ハロウィンの季節である10月は都内各地でハロウィンパーティーが開催されています。六本木のクラブとかで仮装パーティーが行われております。ああいったイベントは結構な若年層も多いので女子大生を捕まえるチャンスです。
おすすめのは面白い恰好をしていくことです。ハロウィンは仮装大会のようなものですから特にインパクトのある恰好をしていきましょう。ただのゾンビとかそういうのはつまらないです。たとえば、囚人服を着て頭はマツコ・デラックスとか大仏にするとかしたほうがインパクトが強いです。
また、そうすると女性ととても話しやすいですし、向こうも嫌がらないです。興味をもって会話に乗ってきてくれます。あとはトレンドを掴んだ服装をするとよいです。去年ならばポケモンGOは大流行しましたのでピカチュの恰好をするのもいいですね。
そのまま、ポケモントークに持ち込むのもできます。そして、ハロウィン当日は毎年大問題になっていますが、渋谷で仮装集団が大量発生します。ナンパされに来ている女性も多いでそこで思い切って声掛けをしていけばいつもよりは成功率は高いはず。

出会い系サイトで女子大学生を探すのがおすすめ!

ペアーズ
何もナンパというのはリアル世界に限ったことではありません。ネットでナンパをするということもひとつの手段ではあります。これであれば冒頭でお伝えしたようなハードルが高いと思われる心構えや覚悟など決める必要はありません。
なぜなら、あなたがスマホを片手にポチポチやっているだけでいいんですし、パソコンの前でカタカタとゲーム感覚で女の子とやり取りすればよい話です。ただ、実際に会うとなるとそれなりの覚悟も必要ですからある程度の心構えは必要です。
それに、出会い系サイトではよくある写真と全然違う人が来るとかね。女子大生だと偽って、100kg超のデブが登場!50過ぎたババァが登場!も実際にないとはいえません。顔が見えない点そこが出会い系サイトのデメリットです。
ただ、ペアーズという出会い系アプリであれば女子大生と出会うのは比較的楽です。職業検索も可能ですし、ここなら1年生だろうが4年生であろうがちょっとしたテクニックを駆使すれば簡単に出会いに持ち込むことができます。
それに、リアルのナンパとは違ってうまくいかなくてもほとんどが無反応で終わるだけです。メッセージを送っても帰ってこないだけでそんなにはリスクがないと思います。後は回数をこなしていけば確率論でいつかはひっかるはず。
それでも全然違う女が出現したらどうすればよいのか?はい、別にそれはどーでもいいです。無視すればいいだけです。きれい、かわいいを偽ってくる相手には遠慮なく「人違いです。」といってその場を立ち去ればいいんです。ということで、早速ペアーズを使ってみましょう!
【目指せナンパマスター!おすすめ記事をピックアップ】