飲み会の様子

婚活の男女比ってどれくらい?
やっぱり女性なら、男性の多い婚活サービスを利用したほうが出会いが多いのかしら。
結婚相談所と他の婚活サービスだったらどっちがいいのかな、って思いますよね。
現在、婚活市場では男性のほうが不足していて、女性が溢れているといわれています。

婚活市場では女余り男不足?

婚活市場では、男女比40:60といわれています。
これはIBJ日本結婚相談所連盟をはじめとして多くの結婚相談所が同じような男女比であることからもわかります。
単純な未婚者数でみれば、2015年の国勢調査によれば男が16,131,000人、女が12,728,000人と男の未婚者のほうが多いのです。
でも婚活市場では男:女4:6。
女性6人のうち2人は結婚できないなんてことになります。
どうしてこんな状況になっているのでしょう。

なぜ女が余って男が不足する?その原因

女性は出産に対する焦りがある

妊娠中の女性
女性はなにより出産、子育てへの焦りがあります。
とくに30代を過ぎるとそれを実感しはじめ、婚活市場でも30代女性は一気に増えます。
逆に男性はそういうリミットによる焦りはあまりなく、30、40代でもお金やステータス次第で結婚の可能性は高いため結婚への焦燥感が違います。

女性のほうが入会条件が易しい、安い

機嫌よくスマホを操作している女性
結婚相談所をはじめ、婚活パーティー、婚活サイトでも男性より女性の方が優遇されています。
そのため女性のほうが入りやすく、数が多いのは不思議なことでもありません。
例えば、男性のほうが結婚相談所の入会条件(収入、学歴)が厳しかったり、パーティー参加費が高いなど。

女性には20代女性プラン、シングルマザー割など入会しやすいプランが用意されていたりして婚活に参入しやすい仕組みになっています。

男性収入が低い、生活維持が大変

年収分布
出典:転職サービスDODA
婚活女性の多くは、安定した職業、収入の男性を望みます。相手の年収400万円くらいがボーダーともいわれています。
ですが、最近は非正規も増えているばかりでなく、婚活市場に一番多い30代の男性の6割が400~500万円以下の収入です。
そうしたなかで収入の低い若い世代はあまり婚活市場に参入しないようです。
年収が少なくても幸せな家庭は築けますし、女性の収入への条件もだいぶ低くなっていますが、それでも自信がなかったり今の生活が手一杯な男性も増えています。

現在の生活に満足

遠慮しあっている男女
わざわざ結婚する必要を感じない、というひとも多いです。理由はさまざまですが、今の自由な生活を手放したくない、収入が嫁や子供に回ることで自分で使える分が減ってしまうので結婚したくない、という人もとくに男性側に多いです。
女性は専業主婦になったり仕事をしたり子どもを生んだり結婚にたいする享受が多いのに対し、男性側はより制限が増えることを面倒くさいと感じるようです(特に若いうちは)。
草食系男子」なんて言葉がはやったように、恋愛に対する興味を持たない男性も増えている?!

20代女性の参入

わーっ
婚活市場では20代女性は圧倒的有利。とにかく若ければ若いほどモテます。
そのため若いうちに良い相手を見つけてしまおうと20代女性の参入が増えました。そのためいい男はどんどん取られ、30代40代の婚活女性がどんどん溜まっていく状態にあります。
結婚相談所だと20代女性のために安いプランが用意されていたり、ますます世代格差が広がりそうです。

各婚活サービスの男女比

結婚相談所の男女比

結婚相談所 会員数 男女比
楽天オーネット 46,638人 男:女55:45
パートナーエージェント 12,193人 男:女41:59
ツヴァイ 32,220人 男:女49.8:50.2
IBJメンバーズ 58,000人 男:女41:59
ゼクシィ縁結びカウンター 13,000人 男:女54:46
ノッツェ 40,000人 男:女60:40

楽天オーネット、ゼクシィ縁結びカウンター、ノッツェでは男性のほうが多いようです。女性にとってはよりライバルが少なく、多くの男性と出会いの可能性が生まれやすいでしょうか。

婚活パーティーの男女比

婚活パーティーの男女比は明らかにされていませんが、こちらも女性のほうが多いのではないでしょうか。
なぜならパーティーの予約状況を見ると、女性のほうが比較的早く満席が埋まっているからです。
2016年4月放送の「バイキング」(フジテレビ)でも、婚活パーティーの女性余りの実状が明らかにされました。

「予約の時点では(男女比が)20人:20人と、表示されてたのに、参加してみると、女性が20人で男性が4人というパーティーで…」と、男女比の偏った婚活パーティーに参加したことがあると明かした。出典:坂上忍が婚活市場の男女比に驚き「男性の方が多いと思っていた」

婚活サイトの男女比

婚活サイト 会員数 男女比
Match.com 250万人以上 男:女55:45
youbride 130万人以上 男:女70:30
Omiai 200万人 男:女50:50
pairs 300万人以上 男:女70:30
ゼクシィ縁結び 10万人 男:女50:50

婚活サイトは比較的男余りの現状があります。
仕事が忙しかったり、結婚相談所の費用が高いという男性にとっては利用しやすく、また女性にとっても出会いの可能性が大変多いですね。

おすすめの婚活サイト

スマホを見つめる女性
比較的女性余りの婚活市場において、男性が多く一番おすすめできるのが婚活サイトですね。
今や恋人探しもインターネットを通じて探すのが主流になっています。より費用を抑えて真剣な婚活を行う人が増えています。
出会い系や婚活サイトというと軽率な出会いのイメージが強いですが、世界で最も知名度が高いコンテンツならそんな心配は無用。

ワールドクラスのmatch.comで婚活

ネットを通じたマッチングサービスとして20年以上も前にアメリカでリリースされた世界最大の規模を誇るマッチングサービスがmatch.comです。
マッチングサービスとは思えないほどの事細かなプロフィール設定であなたの希望の条件を最大限まで汲み取ってくれます。
独自のアルゴリズムによってベストな相性のお相手を自動でピックアップしてくれるシステムもあるので、能動的にも受動的にもスムーズな婚活を進めることができます。
軽い出会いばかりのイメージが強いマッチングサービスですが、任意で所得証明や取得資格をプロフィールに掲載できるので、経歴詐称のない安全なお見合いが可能。
また、無料で現在サービスを利用しているユーザーの顔写真やプロフィールが確認できるので、お試しで市場調査をしてみると良いでしょう。
match.com公式ページへ

おわりに

やっぱり婚活市場では女性のほうが多いようですね。
少ない男性の中でも、自分の条件にマッチする男性を見つけ出すのはより難しいです。
自分の視野を広げてみたり、出会いやすい婚活サービスを利用してみましょう。

おすすめの婚活アプリランキングトップ3!

➀match.com

match.com
match.comなら身分証明が必要でサクラの心配もなし!
ほぼすべての会員が見やすいプロフィール写真を掲載しているのでネット婚活のデメリットも解消。
機能がシンプルで扱いやすい点と、ユーザー数が多いので、婚活初心者にとっても使いやすいです。
毎日ベストな相性のお相手を10人、独自のアルゴリズムによって自動でピックアップしてくれる機能もポイントです。

会員数 250万人以上
料金体制 月額2,467円~
おすすめ度 ★★★★★

➁ユーブライド

ユーブライド
ユーブライドは無料で会員登録することができ、かつ利用できる機能も豊富。
職業や身長、プロフィール充実度など自分の好みに合わせた検索やプロフィールなどが閲覧でき、また制限はありますがメッセージのやりとりもできます。
「手軽に婚活を始めてみたい」という方にはありがたいサービスです。

会員数 100万人以上
料金体制 月額2,320円~
おすすめ度 ★★★★

➂pairs(ペア―ズ)

pairs
ネット婚活の定番ペア―ズは累計会員数500万人を突破し、マッチング数は延べ3200万組を突破したマッチングサイトです。
Facebook連動型でありながら、Facebookの友達に知られることなく、タイムラインにも一切投稿されないので安心して利用できます。

会員数 500万人以上
料金体制 月額2,900円~
おすすめ度 ★★