LINEを確認する女性

5~6年ぐらい前にLINEというメッセージアプリが登場しました。それ以降、ものすごい勢いで皆さんが使う連絡ツールとなりましたね。現代はメールや電話を使わないでLINEを使う人も多いのでは?
メールなら知らないうちに迷惑メールがたくさん来るようになったり、電話なら通話料がかかってしまいますからね。LINEというものは電話もお金はかからないですし、迷惑メールが大量に来るということに悩まされなくても済みます。

しかし、LINEのメリットというか、デメリットといいますか、メッセージを開くと必ず「既読」が表示されるようになるのです。しかも、これは相手にわかってしまいますからね。メールならば、「たくさんのメールが来るからわからないよ。」と言い訳ができます。
電話も、「基本、電話使わないんだよね。お金かかるし。」などと言い訳ができます。しかし、LINEで「既読」が表示されてしまったら、明らかに開いたということが相手にわかってしまいますので言い訳はできません。
なので、「既読スルー」とか「既読無視」という言葉が登場し始めました。ただ、逆に言えば、「既読無視したからなに?」というぐらいそれが当たり前の世界になっています。「なんですべてにいちいち返信しないといけないの?」的な感じでしょうかね。
よくあるのが、合コンやマッチングアプリでLINE交換までたどり着くことができたのだけれども、LINEを送っても返信が来ずに、見てみると「既読」になっている。これは果たしてあなたに興味がないからなのでしょうか?それについて解説してみたいと思います。

何故、平気で既読無視されるのか?そこには8つの理由が存在した!

LINEを見る女性
昔から、メールや電話番号を交換するところまではたどり着けるもののそこからうまくいかないというケースはよくあります。それと同じでLINEの交換をしたからといってうまくいくとも限らないのです。
もちろん、社交辞令とか断るのが面倒くさいからとりあえず連絡先だけ交換してあとで削除するとかブロックするとか考えている女性もいるでしょう。しかし、すべてがそういうわけではありません。
実は、出会ったときにお互い興味があったとしても、ちょっとしたことで平気で既読無視されてしまうことも考えられるのです。そこで、なぜあなたが既読無視されてしまうのかをお話ししたいと思います。

1.返信しにくいようなメッセージを送る

もしかしたら、やり取りの中で突然メッセージが途絶えてしまったという場合は、あなたがその女性に送信したメッセージに問題があるかもしれません。送信したメッセージの内容が相手にとって返信し辛いメッセージであった場合は返信率が低くなります。
例えば、よく言われているのは、質問や疑問を行うと返信が来る可能性が高いということです。最後に「?」を入れるとその確率はあがります。これは基本の話になりますが、「今日は○○というおいしいラーメン屋さんに行ってきたよ。」
これは、よほど仲が良かったり、グルメに興味があるならば返信が来るかもしれませんが、そうでない限り、「だからなに?」となります。返信が来たとしても「良かったね。」で会話が終了してしまいます。
なので、返信がくる鉄板のやり方としては、「自分のことを語り、相手のことを聞くこと。」です。ラーメンの話ならば、「今日は○○というおいしいラーメン屋さんに行ってきたよ。××ちゃんはラーメン好き?」
という質問をします。そうすれば、話を広げるための返信がきますね。「好きだよ。」と来れば、「ラーメンっておいしいよね。最近どんなラーメン食べた?」「醤油かな。」「醤油ラーメンでおいし店ってある?」
というように、会話を続けていくことができます。ただ、これはあらかじめ相手の好みを知っておかないと使えません。ラーメン屋さんにあんまりいかない女の子にラーメンの話を切り出しても続かないでしょうからね。

2.相手の弱みを突いた質問をしている

これも、非常に返信しにくい話になるのですが、たとえば、いつもオフ会に参加していた女性に、突然、「最近どうしたの?なんでオフ会来ないの?」と直球で質問攻めをしてしまう場合は返信が来ないでしょうね。
久しぶりの女性をそういった場に誘うケースというのはうまいやり方をしないといけません。まず、相手の立場を考えてみてください。ずっとオフ会に参加していない。大して楽しいと思っていない。久々に行くのが面倒だ。
久々に行ってみたらほかの人に詰められるのではないか?といろいろと不安要素がありますので、デリケートなやり方をしないといけません。もし、そういう人と久々に会いたいならば、まずは世間話でもしながらメッセージで距離を縮めていきます。
誘ってはいけないのは電話です。相手の心理を考えると何を聞かれるかわからない状態にいます。逃げ場がないフィールドに持ち込まれることに対しては警戒します。なので、あくまでも文章でやり取りをします。
その中で、オンラインゲームを一緒にやってみて少しずつリハビリをさせたら、ちょっと食事にでも誘ってみるのです。もちろん、二人きりの食事です。ほかの人と会うのに対して抵抗を持っている可能性がありますからね。

3.面倒くさいだけ

別に、あなたのことが嫌いではないし、メールの文面も別に悪いわけでもありません。ただ、今忙しかったり、ほかにいろいろとやることがあったりすると面倒くさくて返信をしてこないことがあります。
特に、相手の職業や性格を考えてみてください。キャリアウーマンや看護師とかであればハードスケジュールで返信が来るのが遅かったり来なかったりします。仕事を第一優先にしていてそういうことは後回しにするため返信が来ないということが考えられますね。
別に、それを気にする必要はありません。むしろ、そこで不安に思ってしまってLINEだけでは不安になりガンガン電話もかけてくる。そうなると、信用されているのか?ちょっとこいつ面倒だな。と思われてしまうのでマイナスです。そういう相手には放置というのも大事です。

4.女の気まぐれ焦らし作戦

女性は少し興味があるかなと思っている男性に対して、あえてメールを返信しないという作戦をとる場合もあります。なぜ、あえてそんなことをするのでしょうか?女性は男性よりも人選びに慎重になったりします。
それは、男性よりも肉体的に弱い立場にあるからですね。なので、自分を守るためにもどんな男性を選ぶかというのは結構重要なところなのです。そのため、いろいろと男性に試練を与えてくることがあります。
その一つにあえて返信をしない焦らしを使ってくることが多いのです。もし、ここで返信がこないからといって、ガンガンLINEする、ガンガンメールする、ガンガン電話んするとなれば、うざい男だと判断されて終了です。
どんな女性でもそうですが、器の大きい男性を好む傾向にあります。なので、ちょっとやそっとメールが来ないからと言っていちいちメールを送らずにどっしりと構えておけばおいのです。もし、それでも数週間メールが来ないなら久々に、「久しぶり。元気?最近調子はどう?」なんてメールを送ってみるのもよいです。

5.メッセージの内容を考えている

メッセージというものはすぐに返信できるものではありませんし、いろいろと考えているだけかもしれません。僕も友人からLINEが来ても数日してから返信することがありますし、ひどい場合は1週間後に返信することもあります。
特に、なかなか返信しにくいような内容だったらすぐに返信することはできないでしょう。よって、1日、2日、メッセージが返ってこなかったからといって焦らずに、じっくりと待ってあげることが大事です。

6.会話が終わったんだと思ているだけ

人によって会話の終わりというのは違うと思います。明確に終始がはっきりとしている会話であればわかりやすいのですが、中途半端なところで会話が終わるパターンもあります。たとえば、
「この間のラーメンおいしかったね。」
「そうだね。」
「塩と醤油どっちが好き?」
「醤油」
「やっぱ醤油だよね。トッピングとかする?」
ここで終了。僕の友達とかでもいますけど、変なところで会話を終わらせる人はいるものです。なので、あんまり真面目になりすぎていろいろと考えるよりも適当な感じで、返信来ないまあいいかと思うぐらいのほうがちょうどよいです。そして、しばらくしたら別な会話を振ってみることですね。

7.返信するのを忘れているパターン

たとえば、買い物に行っているとか、いろいろと手が離せない状況にあるときに返信できずにいます。そこで、取りあえず内容を確認してから家に帰ってから返信しようと思ったらそのまま忘れてしまっているというケースです。

8.単純に嫌われているとか興味なし

メッセージを送っても比較的すぐに既読がつく。しかし、いつも返信が来ない。いくら送ってもいくら送ってもそのようになります。これはもしかしたら嫌われている可能性があります。
これは相手からのサインでもあるのです。「あなたに興味はありません。」「うざいです。」「送らないでください。」こういうことなのです。もしかしたら、その裏で男友達や女友達に、「なんかこいつキモくてウザイんだけど。」
と笑いのネタにされているかもしれません。性格の悪い女であればあえてブロックせずにメッセージをさらしているかもしれません。なので、いくらメッセージを送っても送っても帰ってこないならばあきらめましょう。

既読無視に関する僕の考え方

LINEのメッセージを確認する女性
こういうときに生真面目で細かすぎるマメすぎる男性の場合はちょっと辛いかもしれません。どんなことでもそうだとおもいますが、人間は常に状況におおじて変化する臨機応変の能力が大事だと思います。
マメすぎるとウザイ奴に思われますし、放置しすぎると逆に女性は不安に思ったりします。なので、適当にメッセージを送って、適当に返しておけばいいのです。高田純次さんってはあの適当さが女性にモテる秘訣です。
まじめすぎてちょっとメールが返ってこないからと言って待てないような、不安に思うような男性ではメッセージのやり取りで上手くいくものもうまくいかなくなります。それこそ、1週間、2週間帰ってこないからと言って不安になるのはやめましょう。
最悪メールが来なくても別な女の子に行けばいいじゃないですか。また、嫌われているか不安に思う人も多いですが、嫌われるというのであればそれまでの行動に原因があると思われます。もし、心たりがないならば自分を信じてじっくりと待ってあげましょう。