片思いをしている女性

最近は女性への告白の仕方をわからずに悩んでいる男性もたくさん増えているようですね。また、あえて告白というものは行わずにそのまま付き合ってしまうやり方もあるのです。知らない間に交際するという方法。
ただ、今回はあえて告白の仕方についてお話ししたいと思います。それに、告白するということは、「けじめをつける。」とか「男らしさをアピールできる。」というところではメリットがあります。

それに、うまく行けば、告白した側の男性からしても、告白された側の女性からしても良き思い出になります。逆にもし、告白が失敗してしまい、彼女にすることができなかったとしてもそれは失敗として糧になります。
それではね。どんな告白をすればよいのか?ここでは互いに連絡を取り合っている恋人候補の段階での告白法についてお話ししたいと思います。ほんの少し気を付けるだけで告白ってものは成功しやすくなるのでその辺も意識してみてください。

告白を成功させるたった5つのプロセスとは?

告白の仕方。これって恋愛においては非常に重要なポイントになると思われていますが、僕個人的には告白ってそんなに重要なところではないと思うのです。そもそも、告白って何かといえば、好意を相手に伝えるものですよね。
これって極め技でありそれ自体はそこまで大したことではないのです。「はぁ?馬鹿にすんな!」「告白が重要じゃない?」「それはどういうこと?」など僕の発言がなんだかとち狂ったように思われるかもしれません。
しかし、本当のことなんです。たとえば、あなたが初めて出会った女性にいきなり「好きです。付き合ってください!」と告白したところでほぼ確実に断られてしまいます。要するにナンパと同じことをしてしまっているわけです。
つまり、告白自体は恋愛テクニックにおいてそんなに破壊力がないのです。まずはここをしっかりと理解しておいてください。こういう考え方ができるようになると最悪告白をしなくても付き合えるようになります。
では、何が需要なのかというとその前段階でどれだけ信頼関係を構築しているかなのです。この前段階の準備をどれだけ入念にやっているかで告白の破壊力の強度というものが決まってくるんですよね。

1.連絡先の交換

連絡先の交換
ナンパ、立食パーティー、出会い系サイト、出会い系アプリなどを通じて知り合った女性とLINE、メール、電話番号の交換を行います。これぐらいならば社交辞令で交換する人もいるのでそんなに難しくはないはずです。問題はそのあと。

2.メッセージのやり取り

どんなメッセージをやり取りするか?というのはとても重要になります。ただ気まぐれに世間話をするというだけでは効果が弱いですね。ところどころに女性の心を揺さぶるようなメッセージを混ぜ込んで最終的には会えるような信頼関係を構築します。

3.出会い

ネットナンパの場合は実際に会ってみましょう。やり取りの中で写真を何枚かもらえると思います。それぐらいの信頼関係ができていないと後が思いやられます。しかかりと信頼関係を作っていれば嘘をつかれることはないと思いますが最終確認は出会ってからです。ここで詐欺写真だったらスルーして帰ります。

4.デート

3で納得いく女性であったのであればここからデートを開始します。2のやり取りの中でどれだけの信頼関係を構築したのか?これが問われるところです。まあ、会ってくれている時点である程度は手ごたえがあると思ってもよいでしょう。ただ油断は禁物です。牛歩戦術で3回目のデートで極めるための戦略を練りながらあなたもデートをしっかりと楽しんでください。

5.告白

最後は自信をもって意思を伝えましょう。ここまでくれば高確率でうまく行きます。むしろ、決め台詞が台無しだったら女性も考えてしまいます。。。
このプロセスが重要です。特に、連絡先を交換したあとのメッセージのやり取りをどれだけしっかりとやっているか?どれだけ相手に好感をもってもらっているのかがカギとなります。それがで不完全であれば多分、3にも到達できません。

片思いの男性が告白を成功させる5つの仕方とは?

それでは、どのように告白をすればよいのか?というところだと思いますが、まず、先ほどのステップ5にもあるように、必ず自信を持ってください。緊張するのは仕方がありませんが、キョドってしまったり、おどおどしてしまうとあなたの意思が相手に伝わりません。そこで、ズバッと決め台詞を出せばいいだけです。そのうえでどんな感じでやればよいのかいくつかパターンを考えてみました。

1.断われない状況で告白する

書き込みを見ていると、電話で告白をするというのもあったのですが、個人的には全然おすすめできるやり方ではありません。唯一のメリットは相手に会わずして電話越しでできるため気持ち的に楽です。
メールやLINEはもっと楽です。ただね。これだと相手に気持ちが伝わりにくいんですよ。真剣な思いを伝えるならばやっぱり会うことです。効率面を考えるとそういったもので意思を伝えてしまうのが一番です。
また、女性はロマンだとか雰囲気を重視する性質がありますのでね。もちろん、ケースによっては電話やメールで告白することも可能ですが、デートのときの告白であれば、そこで断られない雰囲気を作って告白してしまったほうが効率的だと思いますね。

2.服装は清潔感溢れる格好で

清潔感のある服装
清潔感をアピールするならスーツ?確かにスーツであれば清潔なイメージを伝えやすいです。しかし、スーツだからといって髪の毛はぼさぼさ、無精ひげが酷い。これではあんまり意味がないです。
僕みたいに友人の結婚式にスーツで参加したのはよいのですが、靴はスニーカーというとんでもない間違いをしないように(笑)それであれば、私服で清潔感のある恰好でよいです。髪の毛は整えて、髭はしっかりと剃り、体臭、口臭を気を付けて常識のある恰好をしていけば問題はないです。

3.告白する場所を考える

エッチに誘い込む場合は暗くてちょっと大人の雰囲気が醸し出されているような。個室の居酒屋とかね。ただ、告白となればちょっと話は違ってどちらかといえばロマンチックな場所に連れて行ってあげるとよいですね。ディズニーランドで夜景を見ながら食事をするとか、高層ビルでの食事とかロマンチックな雰囲気のある場所で告白に挑みましょう。

4.告白する時間も重要

告白するならばやっぱり夜です。朝出勤するときに呼び出して告白しても人によってはジョークだと思われるかもしれません。明るいと雰囲気的にそういうムードになりにくかったりするのです。
告白のムードをつくりやすいのはやっぱり夜です。夜デートを終えたときに告白してしまうのもよいですね。ロマンチックな雰囲気を楽しませて、次回のデートの約束をさせるときに告白してしまえば向こうも次回のデートを楽しみに挑むことができます。

5.ちょっとエッチな気分にさせる

アルコールは判断能力が鈍る性質があります。だから、アルコールが入っている状態で運転したら事故を起すわけです。気分もよくなり、ノリもよくなる。これがアルコールの力なのです。ですからデートの際は告白する相手にアルコールを入れましょう。
アルコールが入った状態で告白してしまえばノリもよい状態になっているのでオーケーしてくれやすくなります。ただ、べろべろになっているときはあるいみ逆効果なのでほろ酔い程度がちょうどよいです。

直接告白が一番!3つの理由を解説

ロマンチックな雰囲気と女性
そもそもの話ですが、どうして直接告白したほうが良いといわれているのでしょうか?個人的に思うのはデート中にロマンチックな雰囲気を作りやすいためそのまま告白するのが効率的だと思うからですが、ほかにもいろいろなことが言われているのでそれも含めてまとめてみました。

デートで告白の流れを作りやすい

例えば、出会いアプリ→LINE→デートといった流れで信頼関係を構築します。そして、3回目のデートでどんな雰囲気を作ることができるか?ということも問われてくるのですが、そのまま告白に持ち込みやすいので実際に対面したほうが告白もうまくい行きやすいと考えられます。

確実に伝えることができる

電話やメール。特にメールの場合はタイミングがずれた瞬間成功率が一気に下がります。例えば、電話やメールをしたときにたまたま何かの用事で出ることができなかった場合とか、音がうるさくて着信音が聞こえなかった場合。
確かにメールの履歴や着信履歴が残ります。電話の着信履歴の場合その時面倒くさいから返信を忘れるとかあると思います。ただ、それだけでいいんですが、メールの場合は告白文章が残っているケースがあります。
見忘れていて時間が経過して、たまたま不機嫌だった場合はもしかしたら失敗に終わるケースもあります。そういったことからもこれらのツールはタイミングというものがものすごく重視されるわけです。
それに比べて、実際に会ったときに、その意思を伝えるので確実に伝わります。ですから、たまたま電話に出るのを忘れたとか、返信をするのを忘れたとかそういったことにはなりませんので確実といえば確実なんです。

男らしい印象を与える

面と向かって女性に好意を伝えることは男らしいと思ってもらえるでしょう。やはり、告白は女性からしてみればかなり重要なことです。この先どうなるかはわかりませんが、パートナーになるための極め台詞でもありますからね。そういった意味で女性も口頭でいわれたほうが嬉しいです。

電話やメールでもタイミング次第では成功率が上がる?

スマホを見る女性
個人的には少し面倒だなと思うのが、あえて電話やメールです。特に、電話をするぐらいなら直接会ったときにサクッと伝えたほうが良い気もします。しかし、「いや、俺は電話で告白する。」「いや、俺はメールだ。」など考え方が異なると思います。そこで、電話やメールでうまく行く告白のやり方をお話しします。

デート終了後

タイミング次第では電話やメールでも良かったりします。たとえば、デートを終えて実際に対面して告白するのではなく別れた後に電話やメールをするのです。特に、デート終了の時に明らかにこれは告白が来る。と思わせぶりな感じで終えたあとに極め技として電話やメールで意思を伝えるのです。ポイントは相手の熱が冷めていない段階で伝えることですね。

理由も大事

電話やメールで告白する理由です。「なぜ、メールでないといけないのか?」「なぜ、電話でないといけないのか?」ここがポイントになります。この理由がないと、最悪の場合は、「どうしてあの時に言ってくれなかったの?」
と、突っ込みが入る危険性があります。電話ならばまだ、肉声のないメールだとそういった対応を回避するのは少し弱い場合があります。そこで、あえてデート終了のときは、人混みでお互いの声が聞こえにくいところを選ぶとか、
音響が響いて声が届きにくいところを選ぶとかします。これであれば、電話の時に理由を伝えることもできますし、メールの時に理由を伝えることもできます。そうすることで、弱いと思われるメールや電話の告白のパワーが上がるのです。

3通のメールで告白する

いきなり一通のメールで告白したとしても電話に出ないとかメールを見ないとかあると思います。そこで、一定の回数をかけて電話やメールをするのです。別に3通でなくてもよいのですが、5通とか、7通とかでもよいです。
コツとしては世間話から始まり徐々に、徐々に告白の流れをつくり、ラストは告白のセリフを送るというものです。このやり方は見られないとか、電話に出れないことを考慮して何度も送るというのが一つです。
ただ、7通で決めるにしてもすべて見てもらったほうが効果的なので、毎日必ず「また明日、21時にメールするから絶対に見てね。」とか番組の予告のように最後は伝えてあげるのです。これによって毎日好きな人からメールや電話が来る時間を把握できるのでチェックするのが習慣化されていきます。
なので、毎日見られる時間帯を告知するのと、同じ時間にメールを送ることというのは結構大事なポイントだったりするのです。こんな感じでムードや流れを意図的に作ってしまえば別に合わなくても告白成功は可能です。

まとめ

ということで、僕が思うにしっかりとプロセスを踏んだうえでこれら5つのポイントを抑えて告白に挑めば成功する確率は高くなるでしょう。まあ、あと苦戦するのはやっぱり出会いかもしれません。ストリートでナンパするのは大変ですからね。
ということで、出会い系アプリで運命の女性を探してみましょう!