女性との初デート

出会い系で知り合った女性との初デートは緊張する」「ワンナイトラブに持ち込みたい」など、初デートはなんとしても成功させなくてはいけない。そんな風に思っていませんか?

髪型やファッションなどの身だしなみも当然気にするべきですが、問題なのは会話です。トークです。

第一印象は男女とも見た目で判断することになりますので、その時に女性に「微妙かも・・」と思われてしまうのもまあ仕方がないことです。

しかし、そうであってもその後の会話が楽しければカバーすることは可能なのです!

初デートで全然会話ができなかったという話しも耳にします。どうやって会話を切り出していけばよいのか?この辺が初デートにおいて一番難易度が高いところだと思いますので、今回はその辺をメインにお話ししたいと思います。

女性との会話が弾まない5つの理由

笑顔の女性
女性と会話を楽しもうと意気込んで出かけても、「思うように会話が弾まなかった」と落ち込んで帰って来るなんて経験したことありませんか?

女性との会話はよほど慣れている方でない限り、男性なら少なからず誰でも悩みを抱えているもの。
そんな方必見。

どうして女性との会話が弾まないのか、その5つの理由についてご説明します。

1.自分がどう思われるか意識しすぎている

まず女性との会話が弾まない男性の要因の1つに、自分がどう思われているか意識しすぎているという事が挙げられます。

相手がどう思っているのかばかりに気を取られていると、何気ない話し方や目線の合わせ方ひとつが気になって仕方なくなってしまうもの。

これは会話を楽しむ以前の問題ですね。

2.沈黙はきまずいものと考えている


会話が弾まない方の中には、沈黙を嫌がる人が多いという事がわかっています。

確かに会話の途中で話が途切れたり、沈黙があるとどうして良いかわからなくなってしまうこともありますよね。

しかしそんなに気にしてしまうと余計に話せなくなってしまうので注意です。

3.相手に警戒心を持たれている

会話が弾まない理由でどうしようも無いのが、相手に警戒心を持たれてしまっていること

これは自分の問題では無いとはいえ、雰囲気が恐いとか軽そうなどとあまり印象が良くない傾向にあります。

是非一度見直して下さい。

4.話題の引き出しが少ない

女性との会話を弾ませる上で重要な話題。

話題の引き出しが少なすぎるとその場で対応が出来ず、相手もそれ以上会話を続けない方が良いのでは無いかと考えてしまいます。

やはり会話を楽しむうえでは、どのくらい引き出しを持っているかで大分雰囲気が変わります。

5.会話が浅い

男性と女性の会話で、女性が面白くないと思いがちなのが浅い会話です。

いくら広げても内容が浅いと話も盛り上がっていきませんし、相手も「また話が変わってしまった」と中々自分の話が出来ないもの。

会話の浅さには気を付けましょう。

初デートするまえにやっておくべきこと

看護師

女性との会話に慣れておく

男性との会話が難なくできる人でも女性といざ会話してみると緊張してしまいどもってしまうことも多いかもしれません。そして、頭の回転が止まってしまいうまい具合にトークができなくなるというのはよくある話です。

その為、本チャンデートに挑む前にやっておくことは、とにかく女性と会話しまくることです。キャバクラ、ガールズバーなどは向こうからサービスで話をしてくれるのであんまりよい練習にはなりません。

基本的には初対面であなたに接客サービスしていない。ここがポイントです。そうなると、ナンパ?ナンパは確かに良すぎる練習にはなりますが、難しいでしょう。なので、異業種交流会に行きま来ることです。

あそこには、女子大学生もいますし、普通のOLもいます。こういう異業種の人たちと名刺交換していろいろと難なく会話ができるようになるのです。ちなみにですが、男性だと意味はないです。とにかく女性と話をし続けて会話に慣れましょう。

まじめすぎない

確かに、初デートとなると何とかしなくてはいけないと真面目な感じで挑もうとするかもしれませんね。だけど、真剣に恋愛をすると多分失敗するかもしれません。モテる人って実際問題、テキトー、いい加減な人が多いです。

高田純次さんではありませんが、女性との会話に慣れてきたら今度は適当な人になることを目指してみてください。特に、女性の会話って結構と中身のない会話が多いんです。なので、それをいちいち真面目に考えて答えるのでは疲れます。

適当に立ち回る。リラックスして立ち回る。そうすることで、臨機応変に対応することができるようになります。生真面目、固い人というのはここが弱いので女性の対応がうまく行かなかったりするのですね。

ターゲットとなる女性のリサーチ

ぶっちゃけると、一見チャラ男に見える女性との会話が続く人ってのは結構頭が良かったりします。知識が豊富なんです。当たり前ですが、ガンダム好きな女性と会話するのにガンダムのことを知らずして会話が続くでしょうか?

難しいと思います。そこで、まずは最低限これから初デートする女性の趣味をやり取りの中で探ったらそれについてわからないことは徹底的に事前に勉強しておくことです。もちろん、マニアックなところまでは行き届かないかもしれません。

しかし、それはそれでよいのです。最低限それについて知っていれば話し相手になれます。そこを目指さないと実際に初デートをした時に趣味の話を振られても「そうなんだ。。。」で終わってしまいますから盛り上げるために常に情報収集していきましょう。

会話を盛り上げるにはどうしたらよいのか?

見つめる女性

1.質問からの会話

とりあえず、会話あとまってしまったらやるのが「質問」になります。質問をすることでそれが相手がしゃべるきっかけになりますからそこから話を盛り上げるということも可能です。しかし、勘違いしていただきたくないのは、常に質問すればよいわけではありません。

たまに見かけるのが、男性が質問、女性が回答、男性が質問、女性が回答。。。。これが延々に続き、あなたが質問しなければ向こうは何もしゃべらないというパターンです。これって正直マイナスです。

というか、女性側はもしかしたらこのように思っているかもしれません。「こいつ、質問ばかりしてウザイな。」もし、そんな風に思われてしまったら最悪なので、あなたからトークを切り出すということも重要です。

そこで、意識することがポイントです。「今日のご飯何食べた?」「いつもテレビ何見てる?」「土日はいつもなにやってるの?」で回答が来たら終わり。というような質問ではだめです。

質問をするときのポイントは…

1.相手の話をしっかりと聞く

2.自分の意見を述べる

3.話を深堀する

この3つを意識してください。質問から入るパターン、あなたの話をしたうえで質問をするパターン、どっちでもいいです。たとえば、あなた「今日の朝ご飯何食べた?」お相手「目玉焼きだよ。」あなた「目玉焼き。僕もよく食べるよ。あれって簡単に作れておいしいよね。」と話を進めることができます。

ただ、ここで「僕醤油かけるんだけど○○ちゃんは?」と質問に入る前に、「ちなみに、醤油、ソース、それとも塩?」と質問を一発入れてあげます。そして、相手の回答に合わせて自分の回答もします。これにより共感を狙うことができるからです。

初めのうちはとにかく親密度を高めるために距離を縮めていくことが重要です。そこで、とりあえず、いけるところを見つけたら共感を狙っていきましょう。そんな感じでただ、質問をするのではなくそこでどうやって共感させることができるか?そのあとの会話をどう進めるか?考えて質問するのが大事だと思います。

2.リアクションする

リアクションといえば、身振り手振り、「なるほどぉ~っ」「そうなんですね。」とか相手の回答に対してしっかりと反応してあげることがポイントになります。そんなことをして恥ずかしいと思われるかもしれませんが、会話を盛り上げるうえでは結構重要です。

例えば、あなたがなにか意見をしたとします。そして、相手がもし、「なるほどね。」とほぼノンリアクションで空返事のような感じで、礼儀程度に反応した場合どう思いますか?ちょっと嫌な感じがしますよね。

男性の場合はまあそれが普通といえば普通かもしれませんが女性はそーいうの気にする人が多いです。なので、ちょっとしたことでも気を使ってあげるというところですよ。

3.細かいところを褒める

ちなみに、かわいい女性に「かわいいですね。」というのはあんまり効果的な褒め言葉ではありません。なぜなら、かわいいなんてことをほかの人にも言われている可能性が高いからです。

逆に、低ルックスの相手に「かわいいですね。」というのは、馬鹿にしている印象を受ける可能性もあります。特に相手が自分に自信を持っていない場合は。よって、外見をほめるのはあんまりおすすめはしません。

ただ、初対面で細かいところをほめてあげるのは高ポイントを稼げます。たとえば、「その靴かわいいね。AGG(アグオーストラリア)でしょ?」とかブランド名を言えるんならば、好印象ですよね。

基本的に、ファッションだとか、髪型だとか、爪だとか、このような身だしなみの部分をほめてあげるというのが褒めるということで女性をいい気分にさせることができます。

4.女性の話には共感して相槌をうつ

実は女性との会話で重要な事があります。

それは相手の話に相槌を打つこと。

女性は話好きの人が多く、自分の話に共感して欲しくて会話をする所も。
相手が話している事には出来るだけ否定せず相槌を打ったうえで、自分の見解を話すと良いかもしれません。

相槌を全くしない人はいないと思いますが、会話が下手な人の相槌は「うん」とか「なるほど」、「へえ」とか、なんとなくそっけないもの。

これでは、ほんとに話を聞いているか伝わりませんし、まず盛り上がらないでしょう。

じゃあ、どうすればよいか。聞き上手のひとは相槌に感情をプラスしているのです。

例えば・・・

女「最近家の近くにカフェができたんだけど」
男「うん」
女「そこのケーキがすごくおいしかったの」
男「へぇ」
女「うん・・・」
男「・・・・」

というお通夜みたいな会話も、感情をプラスすれば・・・

女「最近家の近くにカフェができたんだけど」
男「お、いいねえ!」
女「そこのケーキがすごくおいしかったの」
男「へえ、僕もたべてみたいなあ」
女「じゃあ今度いってみる?」
男「いこっか!笑」

と素敵になるでしょう。

また、モテる男性の会話では以下のようなテクニックも自然と使われています。

ミラーリングを使う

相手の動作を鏡に映したように同じ動作をすることを心理学では「ミラーリング」といいます。

相手が髪の毛を触ったときに自分も髪の毛を触るなど同じ行動をとると、相手は無意識的に心を開いて親密だと感じるのです。

会話の合間合間に取り入れましょう。

オウム返し

共感の気持ちを込めてオウム返ししてあげると「話を聞いてくれている」という安心感を相手に与えることができます。

単純な相槌よりもオウム返しの方が、ちゃんと話を聞いていると思わせることが出来ます。

正し乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

馬鹿にされている感が出てしまいます。

5.自分の話は少しだけ

女性と会話が弾まない方の中に、自分の話ばかりする人もいます。

昔の話や会社の話など、そんなに仲良くないのに話されてもリアクションに困るという方もいますよね。

また自分の話ばかりする人の話は、自慢に聞こえてしまうことがあるので注意が必要です。

6.愚痴や不満は絶対に言わない

大事な事は愚痴や不満を言わないことを徹底する事です。

特に仕事の愚痴を聞くのが嫌いと言う女性は多いので気を付けましょう。

初デートで女性ウケする6つの話題ネタとは?

仲の良い男女

1.共通の趣味

これは鉄板中の鉄板です。
共通している趣味の話をすれば盛り上がりやすいですし、当然そこから共感が生まれます。
相手と自分の趣味が共通しているのか?というのはLINEでのやり取り、メールでのやり取り、プロフィール検索、こういうところでわかりますよね。

2.出身地

お互い同郷であれば地元の話で盛り上がるでしょう。
たとえば、出身地が同じ埼玉県。
越谷と草加であれば、「越谷レイクタウンにはよく遊びに行った」「草加温泉は昔よく行ったよ」とこのようなトークができます。

もちろん、草加市と越谷市は比較的近いのでそういう話しになりますが、例えば、所沢市と越谷市になると随分と距離があるので地元ネタはしにくくなるでしょう。
そういときは県庁所在地のネタで挑めばよいのです。

埼玉だったら浦和になりますが、現在は合併してさいたま市になりました。
県で一番発展している駅周辺にあるお店とかデパートの話をすれば共通しているものです。
僕は新潟出身ですが、糸魚川の方と会話したときもそれで通じました。

3.食べ物

小学生の自己紹介でもありますが、「好きな食べ物はカレーです」とかそういう話しは老若男女問わず盛り上がります。
ただ、大人の恋愛になりますので、それでは少し芸がありません。

たとえば、「好きな食べ物はカレーです」でいいですが、さらに「カレーのおいしいお店は○○にある××がおすすめ」「なぜなら、△△で□□だから」と、おすすめのお店を紹介できて、なおかつ理由も解説する。
さらにはどういう特徴のお店なのかとか、写真を見せてあげることで、グルメ通をアピールすることができます。

僕は自分でいうのもなんですが、結構グルメ通でいろいろなお店に行きます。
普段からこのようにグルメ散策を行っていると、女性とデートをするときの会話ネタに困りませんので、会話ネタが無いのであればグルメ散策をしておくことをおすすめします。

4.ペット

ペットネタは女性うけしやすいです。
ただ、犬派なのか猫派なのか、それともほかにいるのか?
これもあらかじめリサーチしておくべきです。

なかなかいないと思いますが、猫好きで犬は一切認めない、という頑固な方の場合、犬の話なんてしたらあまりイメージが良くないですからね。
出会い系であればプロフィールのところや、参加しているコミュニティー、メッセージのやり取りの段階でわかるのでリサーチしておきましょう。

犬や猫にしても犬種、猫種、飼育法、爪の切り方など本当にいろいろな話ができます。
他にもウサギだったり、鳥を飼育している人もいますから。

5.服装

ファッションブランドに詳しいなら、そのときデートで着ている服装を話題のネタにすればよいのです。
たとえば、女性の財布を見て「それは××のブランドだよね」とか、「そのキャップかわいいね。どこのブランド?」という風に話を広げることができます。

また、女性は「かわいいね」と褒められることに慣れているので、たいした好感を期待できません。
しかし、髪型だったり、帽子だったり、服装をほめるととても喜んでくれます。
そういう理由からもファッションの話はおすすめです。

6.好きなタイプ

これに関しては、デートの終盤である程度手ごたえを感じたときに使うとよいです。
話が盛り上がっている中で、「好きなタイプは?」と聞かれると「私のことを意識しているのかな?」「この人もしかして私のこと好きなの?」という風に向こうもあなたを気にするようになります。

以上、6つのネタを紹介しましたが、これらをトークしていけば初デートでおすすめの2時間程度なら、持たせることは可能です。
もちろん、「質問」→「回答」→「終了」では10分もしないうちに終わりますので、そこはうまく話を広げていきます。

初デートでやっていはいけない5つの話題ネタとは?

笑顔で会話する男女

初デートはまだ十分距離が縮まってはいない状態です。
ここから徐々に距離を縮めていくことが重要になるのですが、まだそれが完成していない段階である話題を振ってしまいますと嫌がられる可能性がありますので注意しましょう。

それが…

「過去の恋愛」「ご家族」「結婚」「職業」「年収」こういう話です。

初対面で過去にどんな人と交際していたのか?と聞かれるのはさすがにウザイです。

ご家族がどういう人たちなのか?
親戚は?
結婚についてどう考えているのか?
職業や年収は?

こういうのってかなりがっついている印象ですよね。
女性なら婚期を逃すとこういう行動に出る人は珍しくはありませんが、男性でそんな風な質問をするのはありえません。

あくまでも初対面です。
あまり詮索しすぎない程度でデリカシーというものを理解して質問をしていきましょう。
そういう心遣いがないとなかなか女性との会話はうまくいきませんが、会話に迷ったらとりあえず「初デートで女性ウケする6つのネタ」の通りでオーケーです。

まとめ:会話は無理なく自然に続けることが重要

乾杯する男女

デートのときに会話が詰まるとか、会話が続かないという人は、単純に「女性慣れしていない」「トーク力がない」これだけです。しかし、女性慣れするのは日常の中で初対面の女性との接触回数を増やせばすぐになれるものです。

では、トーク力はどうか?ということになりますが、別にスピーチをする必要はありません。営業マンになる必要もありません。女の子と会話するうえで重要な最低限のトーク力さえあればそれで充分なのです。

母親、姉妹と会話するときは普通に会話が続くでしょう。なのに、初対面の女性との会話がとまるのは緊張しているからです。女性なれしていないからです。そこで、まずはなれるということがポイントになります。

そのうで、言葉のキャッチボールというか基本となるコミュニケーション能力、あとは知識さえあればそんなに難しい話しではないのです。一方的にしゃべるのはまずいです。私がしゃべりました。では次あなたの番ですよ。

質問から会話につなげる流れはここです。デートスポットについてあらかじめお勉強しておけばそれについて解説することができます。水族館ならばイルカはどんな種類なのか?この魚はどういう習性をしているのか?

など、デート中の会話ですることができれば知的さもアピールできます。「うんちくばかりでウザイ。」と思われるのはこれらのバランスが取れていないからです。自分がしゃべるときは自分がしゃべる。相手にしゃべらせるときは相手にしゃべらせる。ここの強弱が会話を長続きさせるコツです。

【初デート関連のおすすめ記事】

初デート時の良いプランと悪いプラン徹底比較!